海外研修先をマレーシアにすることのメリットとは?

◎新人社員研修の一環として組み込まれるマレーシアへの海外研修!

2017年07月18日 17時21分

企業全体が成長を遂げるためには、社員一人一人の成長が欠かせません。
国際化が進む時代において、会社全体で国際化に対応できるようになることが
必要不可欠
といわれるようになりました。

社員育成の一つとして海外研修を積極的に取り入れる企業が増えましたが、
コストの面での魅了やASEAN諸国の中心的な存在であることから
マレーシアへの海外研修も同時に増加しています。

そして、企業に新人社員が入社するときには、これまでなら日本国内での研修をしていた企業が、
世界進出を念頭にマレーシアで新人社員研修をするという動きも徐々に人気が高まっています。
社員一人一人の成長が常に求められることから日本国内で英語研修などを採用していることがありますが、
日本にいるだけだとそれほど語学力の必要性が感じられずになかなか効果が上がらないことがあります。

そこで新人社員の頃に海外での研修を体験していれば、語学力の必要性、
そしてこれまでの考え方だけに囚われずに常に視野を広く持った考え方ができるような人材を
育めるようになるのです。
 

これからの時代は、英語を話せない人でも海外研修というチャンスを得られるようになってくるでしょう。
それはやはり、マレーシアのような低コストで海外研修ができる環境が整いはじめたことが大きな理由です。
海外研修にいくためには、必ずしも語学力がないといけないわけではありません。

海外研修を通して語学の必要性、そして日本国内だけの考えに固執せずに世界を見据えたビジネスを
展開していける人材を育成するために必要な研修
なのです。

マレーシアであればコスト面でも安心ですし、治安面、そしてビジネスの面でも安定しています。
企業として、または個人としてビジネスの世界でスキルアップしたいと考えるのであれば、
ぜひマレーシアへの海外研修を検討してみてはいかがでしょうか。